世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

視覚機能と色の関係について

色と視覚機能

色と視覚機能 人が色を判断する際、光と視覚機能の2つの要素が揃って初めて成り立ちます。
色を捉える視覚機能には個人差があり、色の感じ方にも微妙な差があるのです。
色の区別は確認できますが、他人が見ている色がどのように見えているかは正確に確認することはできません。
外界からの光が視覚機能の入り口に与える色感覚効果や、色感覚の情報が脳で処理された色知覚効果は、理屈で理解できていても、実感はないでしょう。
中には、色覚異常を持つ人もいます。
そのため、苺が赤に見える人もいれば、赤とは違う色で認識している人もいるのです。
色覚異常は、眼から入る光の刺激の受け方が通常とは異なり、色の見え方も変わります。
このような色覚を色覚異常と言われており、その原因は先天性のものと、後天性の2種類です。
先天性は遺伝的要因があり、病気ではありません。
後天性による色覚異常は、白内障や網膜病変、緑内障、視神経病変などが原因として挙げられます。
色を認識する視覚機能の特性が異なると、眼から入る光の刺激の受け方が異なり、脳で認識する色が変わってくるのが原因です。


先天性と後天性の色覚異常

先天性と後天性の色覚異常 先天性による色覚異常は男性に多く現れるとされており、女性の場合は遺伝子を持っていても現れることは稀です。
また、色の見え方が異なると、情報がうまく伝えにくい場合や、信号の色が判断しにくいといった問題が出てきます。
色覚異常にも様々なタイプがあり、色の見え方も人によって変わるのです。
一色覚の場合は色が認識できず、明暗のみの世界ですが、二色覚の場合は特定の色が組み合わせた色の区別ができません。
区別ができない色の組み合わせを混同色と言います。
後天性の色覚異常は、色覚異常を招いた原因を治療することで治りますが、現代の医学では先天性の色覚異常は治すことができません。
色の見え方が少し異なるだけで、悪化することはありませんが、異常があることが判明した場合は、できるだけ早く検査を受けて、自分の色覚のくせを理解する必要があります。
誤認しやすい色や注意すべきポイントを理解することで、上手く付き合っていくことができるでしょう。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram