世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

アントシアニンと視覚機能の関係性を知ろう

視覚機能を改善するアントシアニンとは

視覚機能を改善するアントシアニンとは アントシアニンという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
アントシアニンとは、ブルーベリーなどに多く含まれる成分で、視覚機能を改善する効能があります。
ブルーベリーを食べると、目が良くなると聞いたことがある人も多いでしょう。
それは、ブルーベリーに限ったことではなく、ブルーベリーに含まれているアントシアニンが目に働きかけているのです。
年齢に伴い視覚機能は低下していきますが、アントシアニンを摂取すると、改善できるかもしれません。
人間は視力とは別に、見る力が必要です。
アントシアニンは、その見る力に働きを司るロドプシンという物質の再合成を促し、視覚機能を改善させます。
白内障や緑内障などの眼病予防にも効果的です。
夕方になると視界がぼやける、かすむ人はアントシアニンを積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。
また、夜間、暗い場所での視覚機能が向上するとも言われています。
眼精疲労回復や視力改善作用に、アントシアニンは高い即効性があると報告されています。
実際に、うさぎにアントシアニンを投与したところ、10分後にアントシアニンを投与していないうさぎと比較して約2倍のロドプシンが確認されました。
人間では、摂取後4時間程度で回復が見られましたが、24時間程度で消失されるとされています。


青紫色の食べ物にはアントシアニンが含まれている

青紫色の食べ物にはアントシアニンが含まれている ブルーベリーは青紫色をしている食べ物ですが、この色はアントシアニンの成分と関係しています。
茄子や赤カブ、赤しそ、紫いもなども青紫色をしており、アントシアニンを含む食べ物です。
しかし、ブルーベリーは中までしっかりと青紫色に染まっており、他の野菜や果物に比べてアントシアニンの含有量が多いといった特徴があります。
また、アントシアニンは視覚機能を向上させるだけではなく、肥満予防にも効果的です。
肥満は生活習慣病に起こりやすい状態ですが、アントシアニンが内臓脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。
アンチエイジングにも効果的で、強力な抗酸化作用があり、活性酸素を抑制する効果があるのです。
これにより、細胞の老化を防ぎ、皮膚の弾力や水分も保たれます。
毎日、ブルーベリーなどアントシアニンが含まれている食べ物を食べて視覚機能を向上させてみてはいかがでしょうか。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram