世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

視覚機能と交通事故の関係性

視覚機能の低下は交通事故のリスクを増大させる

視覚機能の低下は交通事故のリスクを増大させる 視覚機能の低下は、交通事故のリスクを増大させると言われています。
近年、高齢者の運転による交通事故が多発していますが、その原因の多くは安全不確認です。
安全不確認は眼の老化に伴う視覚機能の低下と関係しています。
高齢者が運転して発生する交通事故は、本人は安全運転を心がけているつもりでも、客観的にみると安全運転と言えないケースも少なくありません。
また、個人差はありますが、集中力や注意力、瞬間的な判断力の低下が安全運転だと言えない理由として挙げられます。
高齢者の運転は、視覚機能、認知機能の低下や身体機能の変化によって、反応が遅れて交通事故が発生しやすくなるのです。
視覚機能の低下は、老眼など調節力の低下にも影響しています。
自分はまだ衰えていない、安全に運転ができると思っていても、年齢と共に低下する視覚機能が原因で、交通事故を起こしてしまうことが多いです。
軽視してはならない問題と言えるでしょう。


視覚機能を鍛えて交通事故を防ぐ

視覚機能を鍛えて交通事故を防ぐ 高齢者が運転することによって発生する交通事故を防ぐためには、運転方法や交通ルールを再確認することも大切ですが、眼を鍛えることも重要です。
運転中に周囲の環境を正しく見極めるために必要な動体視力や、明暗差に対応する明暗順応、両眼をバランスよく使って距離感を把握する深視力などの視覚機能の衰えは、交通事故を起こす原因となります。
平衡感覚が失われ、眼から入ってきた情報が脳に伝わるまでに時間がかかり、対応が遅れることもあるでしょう。
また、高齢者によくみられる眼のかすみ、視界がぼやけるといった調節性眼精疲労も交通事故を起こす原因の1つです。
高齢運転者の交通事故を防ぐためには、視覚機能を維持する必要があります。
年齢に伴い視覚機能は低下しますが、トレーニングや眼の使い方、動体視力を鍛えるメガネを使用して、見る力を身につけましょう。
メガネは視力に合わせて選ぶというイメージがありますが、本を読むためのメガネと車を運転する際のメガネは異なります。
用途別にメガネを使い分け、視覚機能が鍛えられるメガネを使用してみてはいかがでしょうか。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram