世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

視覚機能を食事で補う

視覚機能の低下

視覚機能の低下 人間の目は毛様体筋という筋肉がピントを調節していますが、視覚機能が低下するのは、目の筋肉が凝り固まってしまうためです。
筋肉が凝り固まるとピントが上手く調節できず、視覚機能が低下します。
また、視覚機能の低下の原因は様々ですが、最も多い原因は生活習慣です。
遺伝子により視覚機能が低下することもありますが、生活習慣を改めると、視覚機能の低下を防ぎ、改善することができます。
パソコンやスマホの使用時間を減らすことも効果的ですが、食事も重要です。
バランスの良い食事を心がけ、視覚機能の低下を防ぎましょう。
視覚機能に良い食事とは、目の調節機能を引き上げる食べ物です。
アントシアニンやルテイン、アスタキサンチン、カルシウム、マグネシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンCなどたくさん目の調節機能を引き上げる栄養素があります。
そして、これらの栄養素は和食に多く含まれているため、日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。


目に良い栄養素

目に良い栄養素 アントシアニンはブルーベリーやカシスに含まれている栄養素です。
また、近視の進行を遅らせる効果もあります。
ルテインはブロッコリーやほうれん草に含まれている栄養素で、水晶体や網膜の酸化防止に効果的です。
アスタキサンチンは、鮭やいくら、かに、えびなどの海鮮に含まれている栄養素で目の疲労を回復する効果があります。
海鮮の中でも、オレンジ色の食品に多く含まれているため、積極的に摂取しましょう。
カルシウムは、ダイスや小魚、海藻類、緑黄色野菜に含まれており、眼球の奥にある強膜の機能を保つ効果があります。
しかし、カルシウムは骨を形成する栄養素でもあるため目にまで栄養素が到達するようにできるだけ多く摂取しましょう。
マグネシウムは、昆布やのり、玄米に含まれており、網膜の色素を守ります。
白米から玄米に代えてみてはいかがでしょうか。
そして、ビタミンにも様々な種類がありますが、うなぎはビタミンA、B1、B2、Eが含まれているため、積極的に摂取すると良いでしょう。
目の細胞や網膜の新陳代謝を促進させ、目の周辺にある筋肉を和らげます。
また視神経の働きも活性化させるため、視覚機能の低下に効果的です。
少しでも視覚機能が改善されるように日々の食事に気をつけましょう。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram