世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

視覚機能とスポーツの関係性

スポーツにおける視覚機能の関わり

私たちは身体を動かすときや、物事を判断するときには、目による視覚機能で認識し、距離や方向を確認して、身体を動かします。
スポーツをするときには、さらに視覚機能が影響し、運動能力と関係性が深いと言われています。
視覚機能とスポーツとの関係性は科学技術が進むに連れて明らかになってきています。
特にボールを使用した競技や、高速スポーツでは、視覚機能の重要性が高く、静的な種目では重要度が低くなっています。
スポーツにおける視覚機能とは、一般的に目が良い、悪いといわれる視力だけではなく、動体視力や静止視力をいいます。
動体視力とは、動くものに対して視線を外さずに、動くものを追い続ける視力のことで、静止視力とは、視力検査のような静止した指標に対する視力のことです。
スポーツをするには、動体視力や静止視力を鍛えるや、深視力や瞬間視と言われる視覚機能も重要なポイントとなってきます。
スポーツをしている人や、将来スポーツの道を進みたいと思っている人は、視覚機能を向上させることが、スポーツで最高のパフォーマンスを発揮することにもつながります。


スポーツのために目を鍛えるには

スポーツをするには、視覚機能が大きく影響します。
スポーツと視覚機能の深い関係性がある中、どのような方法で視覚機能を鍛えれば良いのでしょうか。
視覚機能は、意識的にトレーニングすることが可能です。
動体視力のトレーニングは、動体視力トレーニング眼鏡などを用いて、一連の動作である、見て、考えて、動く速さを鍛えます。
競技中に一連の動作を頭で考えて行うのではなく、視覚機能を鍛えることで、考えなくても動ける体にするのです。
動体視力は年齢に関わらず、鍛えることによってパフォーマンスが向上することができます。
スポーツのためには、日頃の練習で運動能力を磨き、トレーニングによって視覚機能を鍛え、集中力や判断力を高めることが重要です。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram