世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

視覚機能における視空間認知能力の重要性

運動能力と視覚機能の関わり

運動能力と視覚機能の関わり
プロのスポーツ選手や運動能力を向上させたい人にとって、毎日の練習は欠かせないものです。
それぞれのスポーツによって練習方法は異なりますが、どのスポーツでも視覚機能などの基本的な身体機能を向上させることが大切になります。
視覚機能は、日常生活の中でも重要なものですが、さらに高いレベルでスポーツをやりたいと考えている人は、動体視力などの視覚機能を向上させることが重要です。
多くのスポーツでは、動きの速いものに対応して、しっかりと捉え判断する必要があります。
視覚機能や動体視力を鍛えるためのトレーニングや、動体視力トレーニング眼鏡の利用や摂取すると良い栄養やビタミンがあるので知っておくと良いでしょう。


ビタミンで視覚機能を補助する

ビタミンで視覚機能を補助する
バランスの取れた食生活をすることは、視覚機能に限らず大切な事ですが、特に視覚機能に影響のあるビタミンがあります。
それは、ビタミンAです。
ビタミンAは、目のビタミンといわれ、視覚機能の調節と深い関係があります。
ビタミンAには大きく分けて2種類あり、緑黄色野菜に多く含まれているβカロテンと、レバーなどに含まれるレチノールです。
ビタミンAの効果は、免疫力の向上、視機能改善、動脈硬化やガンの予防などがあります。
ビタミンAを多く含む食材は、鶏レバーやモロヘイヤ、しそやにんじん、かぼちゃなどです。
視覚機能の向上のためにも、積極的に取り入れると良いでしょう。
ビタミンをしっかりと摂取したからといって、急に動体視力が上がるというわけではありませんが、視覚機能に適した食事を心がけることが大切です。
また、視覚機能を鍛えるためには、適したビタミンを摂取する以外にも、トレーニングをする必要があります。
動体視力トレーニング眼鏡などを利用したトレーニングも効果的です。
直接的な視覚機能を向上させるトレーニングと、関わりのある栄養素との両方をバランス良く摂り入れることが重要です。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram