世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

視覚機能の検査とは

意外と知らない視覚機能検査

意外と知らない視覚機能検査
視力や目の状態は、日常生活や健康、学習への影響など深く結びついていることは、よく知られていることでしょう。
目の検査というと、一般的に視力検査をイメージしますが、視覚機能検査というものがあります。
視覚機能検査は、視力を測り、眼鏡を使用した方が良いかなど確認するのではなく、ビジョントレーニングをはじめ、自分の目のためにどんな対処をしたらよいか、どのような状態になっているかを理解するためのものです。
資格情報センターなどで受けることのできる視覚機能検査では、屈折検査や両眼視機能検査、眼心体統合検査などが行われます。
視覚機能の改善や、ビジョンストレスの軽減を目指していくためには、このようなチェックによって、自分の目の状態についてしっかりと把握しておく必要があるでしょう。
健康のためには、目の状態を向上させ、正しい対処方法を知ることが大切です。


動体視力トレーニング眼鏡で鍛える

動体視力トレーニング眼鏡で鍛える
スポーツをしている人にとって、動体視力はとても重要です。
動くものを視標としたものを動体視力といい、スポーツ医学や交通災害についての研究が進み、静止視力がよくても動体視力が意外と悪いという症例がみられます。
加齢と共に動体視力が衰えてきた人だけでなく、若いプレーヤーや、子供にとっても、動体視力を鍛え維持していくことは、プレーの向上のために重要な要素なのです。
視覚機能検査などは、アスリートに対して適切なアドバイスを与えるためにも重要ですが、動体視力を鍛えるためには特別な方法もあります。
それは動体視力トレーニング眼鏡です。
使用することで、スポーツにおいて大切な視覚的な能力をトレーニングすることができます。
通常の眼鏡と違い、特殊なメカニズムになっているトレーニング眼鏡は、大人も子供も集中力や判断力を向上させる効果があるのです。
スポーツをしている人や動体視力を鍛えて将来スポーツの道に進みたい人、また動体視力の衰えを感じ始めた人は、トレーニング眼鏡を使用してみると良いでしょう。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram