世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

視覚機能における視空間認知能力の重要性

視空間認知は日常生活にも影響を与える

人間が日常生活を送る際に、視覚による情報というのは重要となります。
例えば、ボールが飛んでくるという情報を目で見て、その視覚による情報を処理することによって、ボールの今の状態やその後の動きを予測することができます。
これを視空間認知と言い、スポーツを行う際だけではなく、日常生活のあらゆるタイミングで、この認知機能を使っているのです。
視空間認知が平均より弱い場合は、何かものを探すときに見つけにくかったり、文字を覚えるのが苦手だったり、キャッチボールがうまくできないといった弊害が起こりかねません。
視覚機能の視空間認知が弱い場合でも、その症状は一人ひとり異なるため、各々に適した対策方法が必要になるでしょう。
この視覚機能の視空間認知は、トレーニングによって鍛えることができるケースもあるので、見る力のトレーニングを行うことをおすすめします。
見る力を鍛えるトレーニングメガネVisionupを試してみてはいかがでしょうか。


視覚機能の視空間認知について

目で見た情報を的確に処理して理解するためには、視覚機能の一つである視空間認知の高さが重要です。
何か物を見る際には、眼球運動によって情報を入力し、視空間認知により情報処理を行う流れを辿ります。
眼球運動には種類があるので、知っておきましょう。
追従性眼球運動、跳躍性眼球運動などがあり、追従性は比較的ゆっくりと眼球を動かす運動で、跳躍性は名前の通り眼球を素早く動かして視点を変えます。
視覚機能の視空間認知は、これらの眼球運動と大きな関わり合いを持っていることがわかっています。
視空間認知の程度によっては日常生活に支障をきたす恐れもあるため、球技スポーツを行う際に不利になりかねません。
ビジョントレーニングによって、視覚機能の視空間認知はトレーニングすることができるので、トレーニングメガネVisionupを活用してみてはいかがでしょうか。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram