世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

視覚機能の発達とは

年齢とともに発達する視覚機能

視覚機能は、生まれたときから成長するにつれて発達していくものです。
生まれたての赤ちゃんは、視覚機能が完全に発達しているわけではないため、物を認識することができません。
そのため、動いている物を眼で追い、視界が変化するとその方向に視線を向けます。
生まれてから2ヶ月ほど経つと、人の顔を認識することができるようになり、3〜5ヶ月ほどで視線を合わせ、見つめることができるように徐々に視覚機能が発達していくのです。
視覚機能の発達に大きく関わってくるのが、身体感覚です。
自分の手足が動くと、視線がその方向にいきます。
赤ちゃんは、初めに自分の手足がどう動いているのかを見て学び、手足とは反対の方向に頭や眼を向けるようになっていきます。


見る力が弱いと

視覚機能の発達は、12、13歳の頃には大人の視覚機能と同じになります。
しかし、その発達が上手くいかない場合もあり、成人になってから障害が生じることも少なくありません。
視覚機能の発達が上手く行われない場合は、トレーニングを行い、メガネやコンタクト、レーシック手術などを受けるといった方法もあります。
中には、視覚機能の弱さを抱えている人もいるのではないでしょうか。
視覚機能の発達に問題があると、物を見る力が弱く、眼球運動が上手く行われていないことがあります。
発達に障害がある場合、半数以上は見る力に問題があるとされています。
視力そのものに異常がなくても、見る力が弱いと勉強や仕事などに支障が出る恐れがあるのです。
見る力はトレーニングで養うことができます。
例えば、眼球運動トレーニングやビジョントレーニングです。
眼球運動のコントロールをする能力や動体視力、奥行き認識能力などを向上させるトレーニングを行うと、見る力が改善されるでしょう。
眼をトレーニングするだけでなく、しっかり休めてあげることも大切です。
日常でも取り入れることができるトレーニングもあるため、睡眠時間をしっかり確保し、定期的にトレーニングをすることで、視覚機能は改善されます。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram