世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

視覚機能の視力について

視力について

視力について
物をどのように見えているか、考えたことがあるという人は少ないのではないでしょうか。
人は物を見るとき、無意識に視覚機能を使っているため、眼球運動などの視覚機能について考えることがあまりないでしょう。
しかし、何か問題が起きると、物が見えにくくなるため、視覚機能について知っておかなければなりません。
視覚機能の1つに視力がありますが、視力は物を見る力のことを指します。
片方の眼を隠し、ランドルと環という「C」のような形を用いて検査をしますが、視覚機能に異常があれば、視力が低下し、小さい文字や遠くの物が見えにくくなります。


視力低下してしまうと

視力低下してしまうと
視力が低下する原因は、視覚機能の1つである調節機能に異常があるか、疾患が原因の可能性があります。
疾患が原因で視力が低下すると、疾患の治療を行わなければ、視力を改善することができません。
視覚機能が正常であれば、眼の中の水晶体によって物を見るときのピントが合うため、遠くの物でも近い物でもしっかり見ることが可能です。
しかし、毛様筋が収縮すると、水晶体のピントの合わせ方が正常ではなくなり、遠い物を見るときも近い物を見るようなピントで見なければならない状態となってしまい、遠い物が見えにくくなる近視や、反対に近い物が見えにくくなる遠視になります。
その他にも、ピントが合わず、物が二重になってぼやけて見える乱視や、老化によって毛様筋の働きが低下する老眼がありますが、物が見えにくくなれば眼に負担がかかるため、生活に支障が出てくるでしょう。
文字見えない、勉強や仕事に影響する、事故の危険性が高くなるなど他にも様々な問題が起きるため、視力は非常に重要です。
視力が一度低下すると、補正なしでは視力が改善することは難しいでしょう。
視力が低下しないように、生活習慣の改善やトレーニングが必要です。
テレビを近くで見る、スマホの使いすぎなどできるだけ眼に負担がかからないように生活しましょう。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram