世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

視覚機能の調節機能とは

調節機能とは

調節機能とは
視覚機能の1つに、調節機能というものがあります。
見ているものがぼやけて見えたり、二重になって見えたりする場合はピントが合っていない恐れがあるのです。
人が物を見ようとすると、水晶体がカメラのレンズのような働きをして厚さを調節し、ピントを合わせています。
この調節機能には、毛様体筋という眼の筋肉が水晶体を引っ張ったり、緩めたりといった働きがあり、老化や疾患が原因で水晶体が硬化すると、ピントを合わせる調節機能が低下し、ぼやけて見え、何重にもなって物が見えるなどの問題が発生します。
正常に調節機能が働いている場合は、遠くをみるときに、毛様体筋が緩まり、水晶体が薄くなるのです。
近くを見るときは、毛様体筋が収縮し、水晶体が膨らみピントを合わせますが、スマホやパソコンを長時間使用しているなど眼に負担がかかれば、毛様体筋も疲労し、調節機能が低下してしまうため、注意しなければなりません。


調整機能を正常にするには

調整機能を正常にするには
視覚機能に問題があり、調節機能が上手く働かないという人も少なくありません。
眼の酷使や、加齢などが関係していますが、眼のピントを合わせるためには、毛様体筋の緊張をほぐす必要があります。
毛様体筋の緊張をほぐす対策として、効果的なのは眼を休ませることです。
仕事などでパソコンを長時間使用することもありますが、1時間に10分程度は眼を休ませる時間を作りましょう。
眼を休める時間がないという人は、ツボを押すと眼の周辺の循環が良くなり、毛様体筋の緊張を少し和らげることができます。
毛様体筋の緊張を和らげる効果があるツボは、眼の下にある承泣、眉頭の下にある清明、こめかみと眉毛の間にある太陽、眉毛の内側の端にある攅竹です。
ツボを押すだけではなく、睡眠時間をしっかり取り、眼に栄養を与えるためにアントシアニン、ルテイン、アスタキサンチンが含まれている食べ物を食べましょう。
ブルーベリーやほうれん草、鮭などに栄養が含まれています。
他には、ストレッチも効果的で、10秒ずつ遠くの物を見る、近くの物を見る動作を交互に行ってみましょう。
視力が低下する前に対策することが大切です。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram