世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

子供の学習効果と視覚機能

視覚機能の役割

視覚機能の役割 子供だけではなく、大人も視覚機能で外部からの情報のほとんどを得ています。
そんな役割をしている視覚機能は生活する上で低下してしまうと生活に支障をきたす恐れがあるのです。
視力に問題がなくても、視覚機能が低下している子供が増えていると言われています。
例えば、文字をスラスラ読むことができないことや、行を飛ばして読むこと、枠内に書くのが難しいこと、細かな作業が苦手なこと、黒板を写し取ることができないこと、図形の問題が苦手など、視覚機能が低下していると様々なサインがあり、学習効果に及ばします。
視覚機能とは、視力や眼球運動、調節機能などの入力機能と、脳の中で情報を判断する機能で、認知や記憶、イメージがあり、すべての機能が動いて人は行動しているのです。
例えば、視力だけよくても、脳の中で判断する能力がなければ、判断することはできなくなってしまうでしょう。
そのため、視覚機能が低下してしまっていると、運動機能や学習が苦手できなくなってしまいます。


子供の学習における視覚機能の重要性

子供の学習における視覚機能の重要性 子供の学習というと、学校の勉強が思い浮かび、基礎を学ぶためには読み書きや計算が必要になると考えるのではないでしょうか。
読み書きや計算などを学習するためには、子供の視覚機能が必要です。
今まで問題なく成長してきた子供にとっては読み書きや計算が困難に思うことはありませんが、視覚機能が低下している子供にとってはすごく難しい課題となります。
子供の視覚機能に問題がある場合では、図形や絵を見て判断することができず、理解が難しいです。
また、文字を把握することができても、意味が理解できないと、意味がないでしょう。
子供が成長していく上で必要になる視覚機能ですが、視覚機能を発達させるためのトレーニング学習があります。
トレーニングをすることによって、学習に必要な見る力や、目と手の協調性を得ることができるでしょう。
学習効果も期待できるでしょう。
子供のうちからしっかりとトレーニングをすることで、視覚機能を向上させることができます。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram