世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

子供の運動機能と視覚機能

子供の運動機能と視覚機能の関係性とは

子供の運動機能と視覚機能の関係性とは 視覚機能とは、二つの目が協調して機能しているか、見るものを正しく判断捉えているかなどの目の能力のことを指します。
普段生活する上で、視覚機能は大切な役割をしています。
子供の視覚機能に問題があると、ボール遊びが苦手な子や字を書く時にマス目に入らなく、鏡文字になってしまったり、文字を読む時に字や行を飛ばして読んでしまったり、図形の問題が苦手など普段遊ぶ時以外にも、勉強面だけではなく、運動機能にも支障が出てしまう恐れがあるのです。
子供から様々なサインがあり、運動機能に違和感を覚えても、中々視覚機能が原因と繋げるのは難しいでしょう。
原因がわからずに、悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。


運動機能が悪いわけではない?

運動機能が悪いわけではない? 人は、周囲の情報の8割を、目を通して理解して生活していると言われています。
そのため、視覚機能が低下していると、自分の周囲の情報を把握することができなくなってしまうのです。
子供の視覚機能が低下していると、見て判断することができず、どうやって動いたらいいのか分からずに、困惑してしまうのではないでしょうか。
子供によりますが、運動機能が悪いわけではなく、視覚機能に問題があることがあります。
しかし、視覚機能ではなく、運動機能が低いと思われてしまったり、鈍いと思われてしまったりするケースも少なくありません。
球技や格闘技などを行っている時は、対戦相手の動きを把握することができずに、動けなくなってしまいます。
視覚機能の一つに動体視力がありますが、動体視力は、動いているものを見て認識する力です。
動体視力を鍛えることによって、一度見たものを認識することができるようになり、判断して動くことができるようになるでしょう。
動体視力は、加齢と共に衰えると言われており、子供が成長期のうちに鍛えることで子供の動体視力を鍛えることができるのです。
Visionup (ビジョナップ)を活用して子供の動体視力を鍛え、運動機能に繋げてみてはいかがでしょうか。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram