世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

子供の視覚機能の成長

子供の視覚機能が備わるまでの成長について

子供の視覚機能が備わるまでの成長について 子供は、視力が備わって生まれてくるのではなく、様々なものを目で見て視覚機能を成長させていきます。
生まれたばかりの赤ちゃんは、光しか認識することができず、光が刺激となり、少しずつ成長して生後1ヶ月ほどで形などがわかるようになります。
生後2ヶ月頃から色が認識できるようになり、生後4ヶ月くらいで物を目で追うなど目が動かせるようになるのです。
1歳になる頃には、立体感や遠近感がわかるようになり、6歳や7歳では視覚機能が完成し、大人と同じように目で見られるようになります。
しかし、先天性の病気や障害などが原因で弱視の場合は、3歳までにわかると治る確率が高くなると言われているため、3歳児健診は大切です。
また、子供の目の成長が終わるのは、8歳頃と言われており、それまでの成長期に使うメガネは弱視や斜視などを改善するための治療用メガネになります。
子供がかけるメガネは、視力を矯正するだけではなく、視覚機能の成長を促す目的もあるので、子供に合ったメガネを選んであげることが大切です。


子供にとって必要な視力

子供にとって必要な視力 人は、情報や知識の8割を目から得ていると言われているほど、目は大切な存在です。
特に、子供の視覚機能が成長する幼少期の視力は大切で、しっかりと物を目で見て視覚機能を成長させることが重要です。
視覚機能の成長につれ、子供の視覚機能が成長していきますが、視力低下しているサインも親は見逃さないようにしなくてはなりません。
例えば、転ぶことが多いや物にぶつかる、目をよくこする、目を細めるなどの些細な行動でわかります。
脳の発達に伴い、様々な視覚機能が成長し、大人と同じように見られるようになりますが、動体視力などの見る力は、視覚機能が完成してから成長していき、18歳や20際頃にピークを迎えると言われています。
子供の成長期にいかに動体視力を鍛えられるかが重要です。
子供の性長期にVisionup (ビジョナップ)を活用して動体視力を鍛えてみてはいかがでしょうか。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram