世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

スキューバダイビングと動体視力の関係について

スキューバダイビングの波酔い防止

動体視力の衰えによる様々な症状があり、波酔いしやすく、めまいや吐き気の原因になることがあります。
スキューバダイビングの最中に波酔いをしてしまうと、目的ポイントまで行けません。
特に普段から乗り物酔いしやすい方が、スキューバダイビングに挑戦する際には、体調コントロールが必要でしょう。
どんなスポーツをする上でも、視力は重要ですが、スキューバダイビングも同様です。
深い部分に行けば波はおさまりますが、そこまでの通過点で苦労します。
普段からトレーニングしている人なら、対応がとれますが、初心者でスキューバダイビングに挑戦して、突然の体調不良からパニックに陥ると命に関わり危険です。
スキューバダイビングを十分に楽しむためにも、特別な視力トレーニンググッズを活用して、動体視力を鍛えておくことをおすすめします。
また、コンタクトレンズをつけたまま、スキューバダイビングに挑戦するのは危険なので、インストラクターと相談しながら、具体的な対応策をとり、視力が足りないことを補う方法は様々あるので、どんなやり方なら安全にスキューバダイビングに挑戦できるか検討する必要があります。
視力だけを補うためには、矯正用マスクが役立ちますので、検討してみると良いでしょう。


水中の危機管理にも役立つ

スキューバダイビングはメンタル面のトレーニングが重要とも言われています。
水中では地上との身動きも違い、自分が思うようにはなかなか動けません。
また、水中には数多くの危険も潜んでいるので、危機管理スキルが問われます。
重い機材を背負って水中に入っているときに、思わぬ危険あったときでも、すぐ気がつき、回避することが必要です。
そのためにも、水中でも安心して動けるスキルを身につくよう、動体視力トレーニングが必要でしょう。
動体視力のトレーニングをすることが、集中力や判断力を養うことになり、スキューバダイビングをもっと楽しめるでしょう。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram