世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

弓道と動体視力の関係について

弓道とは

弓道は、的に矢を放ち、勝敗を決するスポーツです。
的に矢が当たることを的中と言い、外れることを残念と言います。
アーチェリーと似ているイメージがありますが、アーチェリーは的の中心からの距離で得点を競うため、弓道とは全く異なるスポーツになります。
弓道には、的までの距離が28メートルで的の大きさが直径36センチメートルの近的と、距離が60メートル、的が直径1メートルになる遠的があり、一般的には近的で行われることが多いです。
弓道始める際に、必要なのは用具です。
弓道衣である筒袖と黒い袴、帯や、弓道独自の手袋のようなものであるカケ、弓、矢、矢筒、弓袋など細かい用具を準備しましょう。


弓道に必要な動体視力

弓道は、繊細なスポーツで、日常生活では使用しない筋肉を使います。
精神や肉体の鍛錬、淀みのない動きが必要な弓道は、動きをマスターしなければ、矢が的にあたるのは難しいでしょう。
また、筋肉や動きをマスターすれば、簡単に上達するとは言い切れません。
上達するには、動体視力も大切なポイントとなります。
スポーツは、人、ボール、用具など、全てが動いている状況になるため、日常生活で必要とされている以上の動体視力が求められます。
弓道を上達するためには、正しい情報を素早く入手できる優れた目を鍛える必要があるでしょう。
弓道のようなスポーツは、自分を含め、矢が動いている特殊な状況です。
弓道に必要な動体視力は、矯正やトレーニングで向上することができます。
動体視力トレーニングには、プロも使用しているメガネが有効です。
練習を頑張っているのに上達しない、目がついていかないなどの問題を解決することができるでしょう。
動体視力トレーニングメガネは、認知が速くなり、広角視野が拡大する、目と手の協応動作が向上する、状況の把握が速く、正確になるなどの効果があります。
弓道を上達したい人は、動体視力トレーニングメガネを使用してみてはいかがでしょうか。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram