世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

加齢と動体視力の関係について

動体視力は加齢によって落ちていく

動体視力は加齢によって落ちていくスポーツをする際や車を運転する際などに不可欠ともいえるのが動体視力ですが、これは常に一定水準を保っているわけではありません。
年齢によって視力が変わります。
生まれてから徐々に動体視力はアップしていきますが、高校生くらいのタイミングが人生における最高地点という意見もあります。
そのまま特に動体視力のトレーニングをせず一生を過ごすと、加齢とともに想像以上のスピードで落ちていってしまいます。
20代や30代の間は下落スピードも緩やかですが、それ以降はかなりの勢いで動体視力が衰えてしまうでしょう。
実際に高齢者の中には、動体視力の衰えが原因となり日常生活において何らかの危険な目に合っている…というケースもあります。
年齢による衰えに対して完璧に抗うことはできませんが、動体視力トレーニングを行うことによって、快適な日常生活を送りやすくなるでしょう。
特に最近は高齢者の車での事故などがクローズアップされていますが、動体視力不足が原因となっているものも意外と多いのではないでしょうか。


動体視力トレーニングはとても簡単にできる

動体視力トレーニングはとても簡単にできる加齢によって新たなことを行うモチベーションが不足したり、億劫になったりします。
動体視力を向上させるためのトレーニングをしたいけれど大変そうだ…と感じているかもしれませんが、動体視力トレーニングメガネVisionupを活用してトレーニングをすると、とても気軽に鍛えることができます。
1回につき5分程度ですし、1週間に3回程度実行するだけで、3ヶ月で驚きの効果を挙げることも期待されています。
動体視力をアップさせることで若々しい行動がとれ、日常生活を送るにあたってより安全性が高い日々を過ごせそうです。
加齢と動体視力は密接に関わっていますが、このように少しの工夫でトレーニングができ、結果的に年齢を重ねてもより元気でいられるはずです。
加齢による変化を感じてからのトレーニングもおすすめですが、早いうちから鍛えておくことも大切です。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram