世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

格闘技と動体視力の関係について

格闘技には動体視力が不可欠

格闘技には動体視力が不可欠 格闘技にはボクシングや相撲、レスリングなど、あらゆる種類が存在しています。
各格闘技によって、動体視力の重要性は異なりますが、基本的にはこの能力が高い方が、試合を有利に進められることに変わりはありません。
多くの人が知っている通り、ボクシングは動体視力の必要性が高く、次々繰り出される攻撃を避けるためには、動体視力が優れている方が有利であり、もしこの能力があまりに低いと、攻撃に気づくのが遅れてしまい、試合では不利になってしまうでしょう。
動体視力が格闘技を行う上で、重要視されている理由は、攻撃を避けることができるだけでなく、瞬発力などを高めることにも繋がると言われるためです。
格闘技の種類によっては、キックやタックルなど、あらゆる技を必要とし、動体視力の重要性はかなり高いと言わざるを得ません。
そして、動体視力にはDVA動体視力と、KVA動体視力があります。
DVAは横や、上下に動くものに対しての反応のことで、KVAは、前後に動くもの対して反応する能力を指します。
例えばボクシングのパンチは、上下左右というよりも、前後の動きによる動体視力が重視されるので、KVAが重要になるのではないでしょうか。
しかし格闘技を行うにあたっては、これら両方の動体視力が優れている方が強く発揮しやすくなるでしょう。


格闘技で成果を挙げるためにできる動体視力のトレーニングについて

格闘技で成果を挙げるためにできる動体視力のトレーニングについて 格闘技をはじめたからには強くなりたいと願うものでしょう。
体力を作りや、技の練習ももちろんですが、動体視力を鍛えることも大切です。
様々なトレーニング方法が提唱されていますが、自分に合ったトレーニング方法を探さなければなりません。
そこにプラスのメニューとして、動体視力トレーニングメガネを活用することも検討してみてはいかがでしょうか。
このメガネは動体視力をトレーニングするため専用に作られたものなので、効果的な能力アップが期待できます。
いち早く動体視力トレーニングを取り入れ、周りとの差をつけてみましょう。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram