世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

フェンシングと動体視力の関係について

動体視力を鍛えることがフェンシングなどの競技には特に重要

動くものに正確に、すばやく焦点を合わせて見る能力が動体視力です。
フェンシングなどの競技者の動きが速い競技になるほど、動体視力の高さが大きな影響を与えます。
そのため、一流選手になるほど日常的におこなう競技ためのトレーニングに加え、動体視力を向上させて、高い能力をキープするためのトレーニングをしっかりとおこなっています。
スポーツ選手だけでなく、普段の生活の中でも動体視力を鍛えることはとても重要で、そのために眼の筋肉を鍛えるトレーニング方法や専用のアプリを使った方法、そして視覚を断続的に遮断することによって、動体視力を鍛える専用のメガネを使うことも高い効果が期待できます。 動体視力を鍛えることがフェンシングなどの競技には特に重要


スポーツ選手の能力と動体視力の関係

目を使うというと、とかく本を読んだり、パソコンの画面などの静止しているものを見たりすることを頭に思い描きがちです。
しかし、情報の約8割を目から得るといわれるように、目は重要な情報源で、しかも静止しているものを見るだけではなく、動くものを見ることが必要なシーンは少なくありません。
人は目で見たものを判断して動作につなげるという順番で行動するので、スポーツではすばやく見て判断することが要求されます。
そのため、さまざまな競技の選手にとって、動くものを見る能力は特に重要で、優秀な選手になるほどこの能力がすぐれているとも言えるのです。
あらゆる運動に動くものを瞬時に見て判断する能力は大きな影響を与えますが、中でも特に競技者の動きが速いフェンシングのような競技になるほど、高い動体視力が必要になるため、一流選手になるほどそのためのトレーニングもしっかりとした理論に基づいて、見る力を高い状態にキープできる努力をしているといわれています。 スポーツ選手の能力と動体視力の関係


動体視力を鍛えるためにできること

動くものを見る視力を鍛えることで集中力が向上し、フェンシングなどのスポーツ選手のみならず、日常生活のさまざまなことに関する能力が向上します。
そのための方法として挙げられるのは、普段からできることに眼球を動かすトレーニングや速読などです。
これらはいつでも自分の好きな時にちょっとした隙間時間でも出来ます。
そして、インターネットの動画サイトなどで視力向上用のアプリなどを使って鍛えるという方法もあり、中にはゲーム感覚のものもあるので、自分の好みにあったものを探すのも楽しみの一つです。
そして、専門的にトレーニングするためには専用のめがねを使用するという方法もあります。
このメガネをかけることで視覚が断続的に遮断され、見る力を向上させるために確実に効果が期待できるのでおススメです。 動体視力を鍛えるためにできること


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram