世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

剣道と動体視力の関係について

剣道の歴史とルール・精神

剣道の歴史とルール・精神 剣道は今ではスポーツの一つとして括られていますが、柔道や空手といったものと同様、“武道”でもあるということを常に意識していなければいけません。
剣道の歴史は古く、いつから始まったということが分からないほどで、徐々に形を変えて発展してきたようです。
由来に関しても1000年以上も前に中国から伝わったという説と、日本独自の日本刀で敵と戦う剣術が発展したものだという説などがあります。
今のような頭、腕、胴につける防具や竹刀が導入され、ルールなども決まったのは18世紀末のようです。
剣道には道徳や禅なども関係しており、真剣勝負をする相手に対しても敬意を表し、はじめと終わりに礼をします。
勝っても負けても、対戦相手には感謝をしなくてはいけないのです。
これは、昔の日本刀で戦う際には命がかかっており、強くなるには人を犠牲にしていたことから、切った人間に対しても頭を下げることからきているといいます。
また、負けた場合も勝った相手に対して、自分の弱さをわからせてくれたことに感謝しなくてはいけません。
剣道と言うのは、単なる勝ち負けや体や技術を磨くだけでなく、精神も鍛えるスポーツなのです。


剣道が上達するのに必要な条件とは?

剣道が上達するのに必要な条件とは、基礎的な体力と精神力のほかは、フットワークの軽さ、ばねの強さ、動きに無駄がない、姿勢がよく構えが崩れない、打つときに腰が入っている、剣先が柔らかく打ちが強くて速い、剣先が下がらない、技の種類が豊富といったことが挙げられますが、“相手を読む”というのも非常に大切です。
“相手を読む”と言うのが具体的には、対戦相手の手の動きや視線をよく見て、自分がどう攻めていくのかを冷静に考える力のことで、瞬時に適切な判断をしなくてはいけません。
そのためには、集中力、動体視力、瞬発力がポイントとなります。
「動体視力は持って生まれたものだから…」と諦めている人も多いかもしれませんが、動体視力は鍛えることができます。
また、動体視力は20歳前後がピークと言われているため「どうせピークを過ぎてしまったから…」と諦めてしまうひともいるかもしれません。
しかし、ある程度年齢を重ねた方でも動体視力はトレーニングによって取り戻すこともできるのです。
電車の外の看板をなるべくたくさん読みとったり、すれ違った車のナンバーを瞬時に足し算してみたりと、日常の中で鍛えることもできますが、動体視力トレーニングメガネであれば簡単に動体視力をトレーニングできるのでおススメです。
剣道が上達するのに必要な条件とは?


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram