世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

バドミントンと動体視力の関係について

動体視力をアップさせるとバドミントンのシャトルの打ち返しがうまくなる?

動体視力をアップさせるとバドミントンのシャトルの打ち返しがうまくなる?バドミントンといえば高速で飛んでくるシャトルを
打ち返すスポーツです。
時速300kmになることもあり、並大抵の動体視力では
反応することすら厳しいでしょう。
このスポーツは経験と手と目の動作が重要だとも
言われており、上達するためには日々の練習だけでなく、
動体視力をトレーニングすることも大切になってきます。
ある程度のレベルの試合になると、
動体視力がかなり大きく試合結果に反映されます。

ということは、しっかりと鍛えることで
シャトルを捕えることができるようになり、
バドミントンの試合でも結果を残すことができるでしょう。
動体視力というのは様々なスポーツに関わりがあり、
野球やサッカー、ゴルフなどでも注目されています。
バドミントンの試合で相手がスマッシュをして
こちらに届くまでの時間は、0.5秒未満とされています。
このことからも、尋常ではない動体視力が
必要になることが予想されます。


バドミントンなどのスポーツで強くなるために動体視力を鍛える

バドミントンは相手が打ったシャトルが高速で自分に向かって飛んできます。
ですからKVA動体視力が必要になります。
これは遠方から飛んでくるものや近づいてくるものを見極めるための動体視力です。
野球などで必要とされるのですが、同じくバドミントンでもこれは必要不可欠なものです。
さらにそれ以外にも、DVA動体視力というものもあります。
実はバドミントンの場合はこれも必要だとされているのですが、
その理由は自分の体の横で打つための動作をするためです。
KVA動体視力とDVA動体視力を鍛えることで、
スポーツだけでなく普段の日常生活でも今までとの違いを実感できるでしょう。
動体視力は車の運転にも影響しますから、苦手だった車の運転も得意になるかもしれません。
今バドミントンをしている人や、今後はじめようと考えている人は、
シャトルを打ち返すためにも、積極的にトレーニングをしましょう。
ただなかなか鍛えることは容易ではありません。
そんなときには動体視力を鍛えるための眼鏡を使用してみませんか?
主にスポーツをしている人が使っていますが、もちろんそれ以外の人も使えます。
普通に動体視力のトレーニングを行うよりも、かなり効率よく鍛えられるでしょう。
バドミントンなどのスポーツで強くなるために動体視力を鍛える


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram