世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

野球と動体視力の関係について

野球をやる上での動体視力の重要性

野球をやる上での動体視力の重要性野球をやる上で必要なことは何でしょうか?
早い足や豪快なバッティング力、速い球を投げられる肩、などいろいろあげられるかとは思いますが、その中に「動体視力」も入ります。
動体視力とは、その名の通り“動いているものを見る力”のことで、野球の場合には“ボールを見る力”です。
野球でバッターがバッターボックスに入った時、
バットをうまくボールに当てるためには、普段見ている視力ではなく、この動体視力が関係してきます。

150?もの速球のコースを見極めてバットに当てていき、 ヒットやホームランを打つためにはこの動体視力は必要不可欠なのです。
外野で守備についている時にも必要で、バッターがフライやヒットを打ち、
一塁まで走る間に落下地点まで走り確実にキャッチする時には動体視力が影響します。
太陽の光や背景の色などでボールが見えにくくなることはよくありますが、
そんな時でも、動体視力が優れていればボールをとることができるのです。

攻撃力だけでなく守備力アップにもつながる動体視力は、野球には大変重要な素質のひとつとなっています。

有名野球選手の動体視力は?

野球選手に「動体視力」は必要ですが、
有名な野球選手の動体視力の逸話をご紹介しましょう。
メジャーにいったイチロー選手は、子どもの頃から走っている車のナンバーを読み取り、
それを瞬時に暗算で足すということを日常的にゲームのようにしていたといいます。
そして、8桁の数字を0.1秒だけ見せて数字を答えるテストでは、
7桁の数字まで正解だったという逸話もあります。
ホームラン王で知られる王貞治は、
「ホームランを打つ瞬間はボールが止まって見える」、
「ボールの縫い目まで見える」というほどの動体視力の持ち主で、
野球以外でもホームにいたら、その駅には停まらず走り去る新幹線の中に、
知り合いが乗っていたのが、
はっきりとわかったというエピソードまであるほどです。

有名野球選手の動体視力は?

野球のための動体視力の鍛え方とは?

野球のための動体視力の鍛え方とは?野球のために動体視力の鍛え方は、まずは150km以上の速さのものを見ることです。
野球ではキャッチャーの練習に参加するのもいいでしょう。
また、バッティングセンターへ行き、速い球を打っている人の後ろで、
ただただボールを見ているだけでもいいので、
とにかく「速いボールに慣れる」ということが大切なのです。
野球以外でも、ホームで通過する急行や新幹線の中を見るように努力したり、
すれ違う車のナンバーを覚えるのもいいでしょう。

プライマリーは、手軽に動体視力をあげるためのトレーニングメガネです。
1日おきに、日に10分から15分普段のアップや練習で装着するだけで、
誰でも簡単にボールの軌道がわかり、野球の上達につながります。


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram