世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

コラム

野球には動体視力が必要不可欠で、ヒットやホームランを打つ時はもちろん、外野で守備についている時にもバッターが打ったフライやヒットを確実にキャッチするためにも重要となってきます。

・・・つづきはこちら

球技のスポーツの中でもテニスのサーブは最速といわれています。動体視力はボールが速くて小さいものほど必要だといわれており、テニスの上達には、動体視力が大変重要であるといえるでしょう。

・・・つづきはこちら


スポーツ選手にとって動体視力は欠かすことができない能力といえます。ゴルフの場合だと、DVA動体視力が上がることで、インパクトの瞬間を見ることが可能になるでしょう。

・・・つづきはこちら

スポーツで成功をおさめている人には動体視力が優れた人が多いです。バドミントンも同様で、高速のシャトルをしっかりと打ち返すためには動体視力が必要不可欠になります。

・・・つづきはこちら


動体視力とは、早くて小さいものを追うことができる“目の力”がポイントだと考えられるため、卓球を上達させるには、他のどのスポーツよりも動体視力を上げることは必要不可欠なのです。

・・・つづきはこちら

サッカーは速いボールをさばき、追うだけではなくプレーヤーの位置関係を素早く察知して、パスやシュートをしたりしなければならないため、動体視力は非常に重要といえるでしょう。

・・・つづきはこちら


バレーボールはスパイクを打つ時、相手のコートのどこに打つかを決めなければいけず、レシーブも瞬時にボールのコースを読んで止めないといけないので動体視力は優れていないといけません。

・・・つづきはこちら

クレー射撃における動体視力は、クレーが射出し軌跡を見ることができる能力で、動体視力が良ければ良いほど、クレーのスピードは遅く見え射撃位置を正確に予測できるようになります。

・・・つづきはこちら


バスケットボールはボールだけでなく、相手の場所そして味方の場所を瞬時に把握して、ノールックパスを出さなくてはいけません。そのためには、動体視力と広い視野が必要です。

・・・つづきはこちら

剣道が上達するのに必要な条件とは、基礎的な体力と精神力のほか、 “相手を読む”というのも非常に大切です。そのためには、集中力、動体視力、瞬発力がポイントとなります。

・・・つづきはこちら


ボクシングにおいて動体視力は相手のパンチを見るために使われるのではありません。動体視力は主に相手の動きを予測することと自分のパンチを当てることために使われているため、必要なのです。

・・・つづきはこちら

動体視力を養えるスポーツは数多くありますが、スカッシュは室内ででき、悪天候の日もプレイできるのでおすすめです。速いスピードで飛び回るボールを打っていると動体視力が上がるでしょう。

・・・つづきはこちら


空手は組手ができれば動体視力は必要ないという人もいますが、そんなことはありません。空手で強くなるには動体視力以外にも、周囲の状況を見る周辺視野の広さもカギとなります。

・・・つづきはこちら

フェンシングなどの競技者の動きが速い競技になるほど、動体視力の高さが大きな影響を与えます。動体視力を鍛えることで集中力が向上し、フェンシングの能力にもよい影響を与えるでしょう。

・・・つづきはこちら


「バイク競技はバイクの性能できまる」そう考える人も多いですが、正しいとはいえません。モトクロスは動体視力を始めとしたオールラウンドな能力が求められる、高度なスポーツです。

・・・つづきはこちら

アイスホッケーでは左右、上下方向に動く物を見極めるDVA動体視力が必要です。DVA動体視力を高めるトレーニングのひとつとしてトレーニングメガネを使用するといいでしょう。

・・・つづきはこちら


モータースポーツにとって、高速の世界で一瞬で判断しなければならないため、動体視力は必要です。動体視力をアップさせるためには目の周りの筋肉をトレーニングで鍛えることが重要です。

・・・つづきはこちら

柔道で強くなるというのは簡単なことではありません。練習は必要不可欠ですが、動体視力を高めるためのトレーニングも行いたいです。動体視力は柔道と大きく関係しています。

・・・つづきはこちら


格闘技で結果を出そうと思った場合に動体視力も鍛えましょう。トレーニング方法は様々ありますが、専用のトレーニングメガネの活用もおすすめで、鍛えることで周りに差をつけることが可能です。

・・・つづきはこちら

車を運転する際には良きせぬ事故が起こる可能性があります。場合によっては自分自身が事故を起こしかねません。動体視力の高さによって危機回避をしっかりと行いたいです。

・・・つづきはこちら


動体視力をトレーニングして鍛えることによるメリットはかなり大きいのですが、視力アップ効果も期待できると言われています。これが叶えば視力を矯正することなく生活しやすくなるでしょう。

・・・つづきはこちら

ムエタイと動体視力には大きな関係があり、これをしっかりと鍛えることで、より強くなりやすいです。実際にムエタイで強さを発揮している人の多くは優れた動体視力を持っています。

・・・つづきはこちら


ロードバイクを趣味にしている人も多く人気があるスポーツとなっています。動体視力をトレーニングすることによって様々な危険に早めに気付き、対処できそうです。きちんと鍛えておきたいです。

・・・つづきはこちら

年齢を重ねると動体視力が落ちていってしまいます。車の運転やスポーツの際、そして日常生活においても危険を感じやすくなるでしょう。しかしトレーニング次第で鍛えられます。

・・・つづきはこちら


動体視力を向上させることによって利点が生まれます。車の運転の際に危険防止しやすくなりますし、スポーツを行う上でも強みになること間違いありません。動体視力は鍛えることができます。

・・・つづきはこちら

弓道を上達するためには動体視力も大切なポイントとなります。弓道に必要な動体視力は矯正やトレーニングで向上することができ、プロも使用している動体視力トレーニングメガネが有効です。

・・・つづきはこちら


動体視力の衰えにより、波酔いしやすく、めまいや吐き気の原因になることがあります。スキューバダイビングを十分に楽しむためにも、動体視力を鍛えておくことをおすすめします。

・・・つづきはこちら

子供は、視力が備わって生まれてくるのではなく、様々なものを目で見て視覚機能を成長させていきます。人は、情報や知識の8割を目から得ていると言われているほど、目は大切な存在です。

・・・つづきはこちら


子供の視覚機能が低下していると、見て判断することができず、どうやって動いたらいいのか分からなくなってしまいます。運動機能が悪いわけではなく、視覚機能に問題があることがあります。

・・・つづきはこちら

子供の学習というと学校の勉強が思い浮かび、基礎を学ぶためには読み書きや計算が必要になると考えるのではないでしょうか。読み書きや計算などを学習するためには、子供の視覚機能が必要です。

・・・つづきはこちら


発達障害の子供は、視力が正常でも視覚機能が低下していることで、学習や日常生活、運動などが思うようにできないということがあります。低下しているかは、普通の視力検査ではわかりません。

・・・つづきはこちら

視覚機能は、入力機能と処理機能の2つを合わせた機能のことを言います。入力機能の1つに、両眼のチームワークがあり、上手にチームワークが取れていないと斜視になる恐れがあります。

・・・つづきはこちら


視覚機能は、入力機能と処理機能の2つの機能を指しますが、入力機能の中に眼筋運動があります。眼筋運動に障害が起きる原因は、眼以外の部位に疾患がある恐れがあるため、注意しましょう。

・・・つづきはこちら

視覚機能の1つに、調節機能というものがありますが、水晶体が硬化すると、ピントを合わせる調節機能が低下し、ぼやけて見えたり、何重にもなって物が見えたりなど問題が発生します。

・・・つづきはこちら


視覚機能の1つに視力があります。視力が低下する原因は、生活習慣や疾患です。補正なしでは視力が改善することは難しいでしょう。そのため、生活習慣の改善やトレーニングが必要です。

・・・つづきはこちら

視覚機能は年齢とともに発達し、12、13歳になれば大人と同じになります。しかし、中には発達に障害があり、見る力が弱い人も少なくありません。トレーニングをすることで改善できます。

・・・つづきはこちら


視覚機能の視空間認知の状態を自ら知るのは難しく、弱いと図形の把握が難しい、キャッチボールがうまくできないといった事態になります。ビジョントレーニングで視空間認知を鍛えましょう。

・・・つづきはこちら

視覚機能検査は、屈折検査や両眼視機能検査、眼心体統合検査などが行われます。目のためにどんな対処をしたらよいか、どのような状態になっているかを理解するためのものです。

・・・つづきはこちら


ビジョントレーニングとは、眼が本来持っている力を向上させるトレーニングのことです。視覚機能を向上するために、日常生活の中でビジョントレーニングを取り入れてみましょう。

・・・つづきはこちら

視覚機能とは視力のことだけではありません。視覚機能の低下や未発達が原因でおこる問題があります。問題が視覚機能によるものかをチェックポイントで知っておくと良いでしょう。

・・・つづきはこちら


視覚機能や動体視力を鍛えるためにはトレーニングや、動体視力トレーニング眼鏡の利用などがあります。また、摂取すると良いビタミンがあるので知っておくと良いでしょう。

・・・つづきはこちら

身体を動かすときや、物事を判断するときには、目による視覚機能で認識します。スポーツをするときには、より視覚機能が影響し運動能力と関係性が深いと言われています。

・・・つづきはこちら


筋肉が凝り固まると、ピントが上手く調節できず、視覚機能が低下します。視覚機能の低下は食事で改善できます。目に良い栄養素を日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

視覚機能の発達は1歳前後がピークとなり8歳までしか育たちません。このことを臨界期と言います。臨界期までに白内障などが原因となり視覚機能の発達が遅れると、視力が低下してしまいます。

・・・つづきはこちら


転倒が原因で視覚機能が低下することがあります。転倒後に、物が二重に見える場合は眼窩底骨折の危険性があり、近視や遠視になるなどの変化があった場合は、外傷性白内障の恐れが高いです。

・・・つづきはこちら

視覚機能は目の網膜と大きく関係しています。これまで傷んだ網膜などの細胞は元に戻らないとされていましたが、再生医療が実用化されれば視覚機能の回復させることができるでしょう。

・・・つづきはこちら


ノルアドレナリンは交感神経を高める役割があります。ノルアドレナリンが脳内で分泌されると、視覚機能のひとつであるコントラストの感度が向上し、パフォーマンスの向上にもつながります。

・・・つづきはこちら


  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram