世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

UEFA EURO 2020サッカー欧州選手権の関連記事でVisionupが紹介されました!

サッカー UEFA EURO 202ヨーロッパ選手権 試合前にVisionupでトレーニングするスイスGK

サッカー UEFA EURO 202ヨーロッパ選手権 試合前にVisionupでトレーニングするスイスGK

2021年6月29日(火)サッカー欧州選手権UEFA EURO 2020 のラウンド16でスイスが強豪フランスを倒し初の8強入りを成し遂げました!スイスは1点先行し追加点が期待されたPKを外すと、フランスに3点連取され窮地に。ところが試合の終盤で 3-3の同点として、延長戦でも決着がつかずPK戦に突入するというスペクタルな展開に。PK戦では先攻スイスの5人全員が決め、後攻のフランスも4人が決めた状況でのフランス5人目のエンバペをスイスGKヤン・ゾマーが止めてスイスが値千金の勝利を収めました!

このスイスGKヤン・ゾマー(Yann Sommer)はじめスイス代表チームのゴールキーパーたちは、普段からビジョントレーニングメガネVisionup(ビジョナップ)を使っています。そのことがこの試合の前から報道で伝えられ、練習風景がYou Tubeにもアップされています。

試合後、ネットニュースサイトinsider.com では、「Switzerland’s match-winning Euro 2020 goalkeeper was seen training in special agility-boosting sunglasses before his decisive penalty save(Euro2020で勝利したスイスのゴールキーパーは、試合を決定付けたペナルティキック阻止の前に俊敏性を高める特殊なサングラスでトレーニングしていた。)」との見出しで紹介され、様々な国と地域に配信されました。

記事の中では、「このサングラス(=Visionup)を作っているのは日本の“VisionUp”という会社で...」と会社名に加えてその特徴やホームページの内容まで紹介してくれています。

スイス代表チームがVisionupを導入したのはもう7年以上前の2014年でした。この年の春、スイスサッカー連盟GKヘッドコーチのMr. Patric Folettiが、自分が運営するGKスクールで試しに使ったことがきっかけでした。同年6月に開催されたFIFAワールドカップ ブラジル大会のスイス代表チーム直前合宿でVisioupを正式に導入しました。その後、(弊社はそんなことができるとは夢にも思いませんでしたが)、Mr. Folettiの希望で販売店契約を締結。彼の紹介販売でスイス、ドイツの多くの有名サッカークラブが主にGKのトレーニングにVisionupを導入し今も使っています。
(詳しくは、ビジョナップストーリー第3話をお読みください。)

準々決勝となるスイスの次の試合は、7月2日(金)vs.スペイン@サンクトペテルブルク。フランスを倒した勢いでスペインにも勝利して欲しいものです。