世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

テコンドー日本代表候補の栗山廣大選手が来社、格闘技にもビジョナップ!

テコンドー日本代表候補の栗山廣大選手が来社、格闘技にもビジョナップ!

テコンドー栗山廣大選手

テコンドー栗山廣大選手(左)とビジョナップ田村

先日(12月2日)、テコンドー選手の栗山廣大(くりやまこうだい)選手が今年の報告を兼ねて弊社、ビジョナップストアーを訪問してくれました。68kg級の日本代表候補です!

栗山廣大オフィシャルサイト
地元京都出身、現在も京都在住、龍谷大学を卒業して、大阪府警で4年間勤務するも、ワールドチャンピオンの座を目標に、テコンドーに専念するため退職。お寺の家系で在学中に僧侶資格(浄土真宗本願寺派)を取得しているというユニークな存在です。

今年、2019年 8月には、BRUNEI OPENで優勝し「ベストプレーヤー賞」も受賞、11月に開催された、イスラエルオープンでは銅メダルを獲得、その直前の2020年に向けた日本代表選手2次選考会では、数々の激闘を制してみごと優勝!と凄い戦績を残し、年明け2月に開催される最終選考会に臨みます。

テコンドー代表合宿

テコンドー代表合宿の風景

栗山選手との出会いは、2018年1月の日本テコンドー協会の岐阜羽島での代表合宿でした。男女40名ほどの選手の皆さんに実際にビジョナップを使って体験してもらい、指導者の方々も含めて高評価をいただきました。そんな中、その日の内に注文をくれて、後日わざわざ会社まで受け取りに来てくれたのが栗山選手でした。

一緒に来社いただいたのはJR宇治駅近くの「ぶに整骨院」の平井駿佑先生。スポーツトレーナーの派遣事業もされていて、こちらの話も盛り上がりました。整体整骨業界やトレーナー業界でも従来のやり方では満足できず、脳や神経系へのアプローチの必要性を感じ始めているようだというお話は、先日参加したカイロプラクティック機能神経学セミナーでの経験とつながり、とても興味深かったです。

ぶに整骨院

栗山廣大選手、平井俊佑先生

右から栗山廣大選手、平井俊佑先生、ビジョナップ田村

栗山選手、平井先生、ご来社いただきまして、ありがとうございました。2020年に向けて2月の最終選考会、頑張ってください!

追記:
ビジョナップは、どうしても球技用というイメージが強く、テコンドーでビジョナップ?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。身体を動かすアウトプットには、主に見るということから始まるインプットが大事なのはどのスポーツ種目も同じです。テコンドーやその他の格闘技では、特に周辺視で相手のちょっとした動きをキャッチしたり、間合いを正確に把握する深視力(距離感)などの能力が求められます。実際にオランダのテコンドー代表チームも導入していますし、国内でもボクシング、空手、キックボクシング、総合格闘技、剣道、フェンシングなど、さまざまな格闘技で導入が増えています。