世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

専門誌「月刊 臨床神経科学」でビジョナップが紹介されました!

雑誌 CLINICAL NEUROSCIENCE Vol.36 No.10 (月刊 臨床神経科学) でビジョナップが紹介されました!

雑誌 CLINICAL NEUROSCIENCE Vol.36 No.10

雑誌 CLINICAL NEUROSCIENCE Vol.36 No.10

P1231 大阪府立大学の吉井泉准教授の「スポーツビジョン」の記事中です。スポーツビジョン研究の多くは現象的な検討なので脳科学的知見が必要で今後、異分野の研究者の連携を目指したいと結ばれています。

雑誌 CLINICAL NEUROSCIENCE Vol.36 No.10

雑誌 CLINICAL NEUROSCIENCE Vol.36 No.10

私たち人間は、五感というセンサーで情報を集め、脳で判断し指令を出して身体を動かします。 全情報の8割~9割は目からの情報で、より正確で速い判断のためには、目の見るチカラと脳の処理能力が重要です。

身体を鍛えたり、競技技術を磨くことも大事ですが、見るチカラや脳の判断力を鍛えることも同様に大事です。しかし残念ながら従来このことは、ほとんど考慮されて来ませんでした。

今後は、スポーツビジョンやビジョントレーニングの専門家が、目の専門家や脳の専門家と連携して研究を進めたり、スポーツ選手の指導に活かす活動が加速して欲しいと思います。そのためのツールとしてビジョントレーニングメガネVisionup®(ビジョナップ®)が少しでもお役に立てれば幸いです。

まずはスポーツ界からですが、視覚機能の子供の発達期や加齢による衰えの回復にも活かすことができると信じます。眼と脳の関連性についての研究が加速することに期待したいと思います!