世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

野球 You Tuber「トクサンTV」でビジョナップが紹介されました!

本日、野球好きの方ならご存知、人気You Tuber 「トクサンTV」でビジョントレーニングメガネVisionup(ビジョナップ)が紹介されました! 「トクサンTV」は、チャンネル登録者数33万人を超える(2018年10月28日現在)話題の超人気You Tuberさんです。

今まで知らななかったのですが、ビジョナップは既に一度「トクサンTV」で紹介されていました。その動画がこちらです。(2017年1月24日公開)

動画のタイトルは、「【メジャー選手使用】球が遅く見えるグラサンが上陸。打率が一気に上がるギア!」と凄いのですが...

見てみると多くの有名スポーツ選手たちが使っているという前振りのわりには、何がどうイイのかもうひとつ分からない?動画となっています。まだ当時は、ちゃんと伝える努力が足らなかったんだと反省。(苦笑)

対して今回の動画は、「日ハム近藤健介が打ちまくる理由は…緊張状態を作るメガネだった!」というちょっと刺激的かつ意味深なタイトルです。

人気You Tuber トクサンTV 「邪魔が入っているからこそ」

人気You Tuber トクサンTV 「邪魔が入っているからこそ」

まず、邪魔(視野の遮断)が入るので、脳が刺激を受け活性化する。ビジョナップでちょっと不安定な状態をつくってバッティング練習し、はずすと安定する。さらに“チラ見”で周辺視をアップして、球の軌道を見易くします。

トクサンTV 「球の判断スピードが上がった!」

トクサンTV 「球の判断スピードが上がった!」

その結果、頭の中で球の判断スピードが上がった! 良く見えることで早打ちになりがちなので、タイミングの調整が必要。そこを超えるとバッティングに微妙な間が生まれるようです。

トクサンTV 「ビジョナップの点滅経験前後で」

トクサンTV 「ビジョナップの点滅経験前後で」

最後にまとめとして、
ビジョナップの点滅経験前後で、着用中は邪魔がある中で球を見極めていた。外してクリアな状態では脳の処理能力が早まり球の判断スピードも早まった!、と出ています。
前回と違い、今回はビジョナップの特性をかなり理解いただき、動画にしていただけて嬉しい限りです。
今回のYou Tube動画をリンクしますので、ぜひご視聴ください。