動体視力など”見るチカラ”スポーツビジョンを鍛える
トレーニングメガネ Visionup®(ビジョナップ®)のご紹介と販売のサイト

カート内の商品数:
0

Visionupのしくみ

Visionupのレンズ部分は、特殊な液晶パネルです。 Visionupの電源を入れると、選んだ設定プログラムに従ってON/OFFを繰り返します。電源は、フレームに内蔵された充電式のバッテリーです。液晶がOFFの時はレンズは透明で普通に見ることができますが、液晶がONの時はレンズが半透明となり見ることができず、視野を断続的に遮ります。
Visionupの点滅ON/OFF
見えない部分を、脳がより集中して見ようとするチカラ、補完しようとするチカラを利用する視覚機能のトレーニング機器です。 トレーニングのレベルや目的に応じて、点滅回数は調整できます。さらに、見ない方の割合(Duty Ratio、遮断率)を調整することもできます。

※Visionupの点滅システムに、照明など発光体は使用していません。あくまでも液晶のON/OFFによるもので、カメラのシャッターが開閉を繰り返すような、あるいは、 目の前で手の平を上下に振るような状態をつくります。視野を断続的に遮断するだけです。

周波数(点滅回数)

Visionupの液晶レンズは、透明と半透明の状態を高速で繰り返して点滅状態をつくります。
この点滅回数を調整するのが「周波数」の調整です。
周波数(点滅回数)は、1Hz~150Hz(1回/秒~150回/秒の点滅)の範囲で10段階(1Hz, 3Hz, 5Hz, 10Hz, 20Hz, 30Hz, 50Hz, 80Hz, 100Hz, 150Hz)で調整することができます。

Duty Ratio(遮断率)

Visionupの液晶レンズは、ON/OFFによる点滅状態で、見える/見えないを繰り返しますが、、見えない方の割合を設定することができます。
この割合をDuty Ratio(遮断率)と言い、30%、50%、70%から選ぶことができます。
見える/見えないが半分半分の50%が基本で、普段は変更する必要はありません。より詳しく知りたい方は、以下もお読みください。

周波数(点滅回数)とDuty Ratio(遮断率)の関係

次のイラストは、点滅回数が1秒間に1回、5回、10回の時に遮断率を30%、50%、70%と変更した場合の見え方を表したものです。このようにVisionupは、同じ点滅回数でも 見えない部分の割合を3段階で調整することができます。

Duty Ratio(遮断率)が30%の時
Duty Ratio(遮断率)が30%の時
Duty Ratio(遮断率)が50%の時
Duty Ratio(遮断率)が30%の時
Duty Ratio(遮断率)が70%の時
Duty Ratio(遮断率)が70%の時

周波数の設定のコツ

ボールなど目標物の回転や軌道を見るには、周波数を上げると効果的です。
反対に、スポーツにおける視覚負荷トレーニングには周波数を下げるのが効果的です。

より高い周波数

ボールの回転や軌跡をみ見るのに適する

より高い周波数イラスト

より低い周波数

スポーツにおける視覚負荷トレーニングに適する

より低い周波数イラスト

Duty Ratioの設定のコツ

速度の速いものを見る時はDuty比を高く、遅いもの見る時はDuty比を低く調整すると効果的です。また、明る過ぎてギラつく時はDuty比を高めに、 暗過ぎる時はDuty比を低めにすると見やすくなります。


Duty比の高めの設定

より高速の対象物を見るのに適するが、視界がより暗くなる

Duty比の高めの設定イラスト

Duty比の低めの設定

軌跡を確認しながら、より低速の目標物を見るのに適する

Duty比の低めの設定イラスト

※周波数とDuty比の調整は、目標物の速度、トレーニングの目的、及び個人差などにより変わります。

  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram