動体視力など”見るチカラ”スポーツビジョンを鍛える
トレーニングメガネ Visionup®(ビジョナップ®)のご紹介と販売のサイト

カート内の商品数:
0

Story No.4 オランダ フィールドホッケー Mr. Segers スポーツビジョン・トレーナー

スポーツ選手のトレーニングと言えば、フィジカルトレーニングとスキルトレーニングの2本立てが一般的です。そこに「見るチカラ」、目のトレーニングが提唱されたのが1970年代のアメリカでのことだと言われています。


その後、学術的にもスポーツビジョン・トレーニングとして確立され、オプトメトリストという資格制度が制定とされ、その後ヨーロッパへ広がり、他の地域へも広がりました。 (非常に残念ながら、日本では主要国の中で唯一、国家資格としてオプトメトリスト制度は導入されず、スポーツビジョン・トレーニングの広がりが少ない大きな要因となっています。)


ヨーロッパに伝わった直後から、スポーツビジョン・トレーニングをライフワークとして取り組んで来たのが、今回ご紹介するオランダのMr. Gijs Segers、現在73歳(2016年3月現在)です。フィールドホッケーの世界で普通のスポーツトレーナーをしていた彼が、目のトレーニングに特化した指導を始めて今年で24年め! 今もバリバリの現役で、オランダ1部リーグの3チームなどを指導しています。


Mr. Segers

2013年に、Visionupを1セット試しに購入。
使ってみると、彼が編み出したトレーニング方法に比べ、即効性があり、明らかに効果が高いことが分かり、すぐに4セットを追加注文し、販売店になってくれました。


2013/2014年のオフシーズンに3ヶ月のテストを実施。
あるフィールドホッケーチームの選手10名に対してVisionupを使ったトレーニングの前と後のパフォーマンステストの結果を比較したところ、平均10%、中には15%アップした選手が出てかなり驚いたようです。と言うのも、彼の独自のトレーニング方法では、これまで同じく3ヶ月のトレーニングでパフォーマンスの向上率は2~3%だったのです。


あまりの高い効果に、テストそのもの、または計算方法などで何かミスを犯したと考え、 再度テストをすることにしたのですが、不幸なことに直後に最愛の妻を亡くし、半年ほど 仕事から離れたため、同じ年の再テストは叶いませんでした 。


再起して翌2014/2015年のオフシーズンに今度は6ヶ月のテストを実施してくれました。 彼が指導する1部リーグの3つのチームで、まずトレーニング前に、
1)専属のオプトメトリストが、選手の視覚能力を測定
2)Mr. Segersが、選手のパフォーマンスを測定
ベースとなる各選手の能力を確認し、半年間のトレーニング後に再度1)と2)の測定を 行なってBefore/Afterで比較するというものです。


オランダMr. Segersテストレポート

その結果、前回の3ヶ月のテスト結果と同じく平均10%の向上が認められました。テストのレポートは50ページに及び、スポーツビジョン研究の貴重なに資料となりました。

2015年4月、ドイツKölnで開催された展示会FIBOの会場でMr. Segersに初めて会うことができました。ちょうど2回目のテストが終了したばかりの時で、「凄いテスト結果が出たよ。夏の学会での発表を予定しているので楽しみにしていて欲しい。」


オランダ雑誌Volksklant記事

オランダの学会で発表すると、新聞社、テレビ局から取材が入り、報道を知った雑誌社が 取り上げて話題となり、国内の他のスポーツ種目のチーム、そしてヨーロッパの他国、ベルギー、ドイツ、スペイン、イタリアなどからもお呼びがかかるようになり忙しい日々を送っています。


実際の年齢よりも10歳は若く見える彼は、まだまだ現役で仕事を続けるつもりですが、Visionupの登場でますますやる気が出てきたようです。(笑) 今年の1月に訪問した際には、本当に忙しいようで、あまり時間を取ってもらえませんでした。今度来た時は、自分の家に2泊はしていけと誘ってくれていて、次回の訪問が楽しみです。


オランダホッケーチーム


オランダホッケーGK

Story No.3 スイス代表チームGKヘッドコーチ Mr. Patric Foletti

2014年4月末、珍しくスイスからメガネ3台の注文が入りました。アメリカ、カナダ、オーストラリアなどからはポツポツ注文が入っていましたが、スイスからの注文は2回めでした。それも最初から3台も!


発送の連絡メールに「差し支えなければ、どんなスポーツや目的に使うのか教えてください。できるだけアドバイスしますから。」と入れてみましたが、回答はありませんでした。


1ヶ月後、注文をくれた同じ人からメールが届きました。前回とは違うメールアドレスを見てみると、「〇〇〇@football.ch」???

署名欄を見ると...

Patrick Foletti
Chef Torhütertrainer 
Schweizerischer Fussball Verband 

ドイツ語の署名でしたが、20数年前、ドイツに6年いた経験から何とか理解できました。

パトリック・フォレッティ
ゴールキーパーヘッドコーチ
スイスサッカー連盟


私からすれば、凄い人からのメールでした。そして、その文面には、「私は、スイス代表チームの仕事をしながら、自分でGoalie Schule(GKの学校)を運営していて、その学校でVisionupを使ってみた。まだ3週間だが、その効果に驚いている。ぜひスイス代表チームのGKにも使わせたいので、大至急、追加で10台購入したい。販売もしたいのだが、販売店になることは出来るか?」とありました。


しばらくして送られてきたのが、下の画像です。2014年6月に開催されたFIFAワールドカップ ブラジル大会の直前合宿でスイス代表チームの正GKがVisionupをかけて練習する写真を添えた地元新聞社の記事です。(この記事は翻訳され欧州や南米各国に配信されました。)


スイス新聞記事

2015年4月、ドイツKölnケルンでの展示会の視察をかねてヨーロッパに出張する機会ができました。GKの学校を訪問してみたいとメールを入れたところ、ちょうどドイツで代表チームの練習試合があるので、ドイツでなら会えるとの返信をもらいました。


Mr. Patric Foletti スイス代表GKヘッドコーチ

電車でKölnケルンからDüsseldorfへ移動し、ライン川畔にあるシェラトンホテルへ。 ホテルのラウンジで3時間ほど時間をもらえることに。


前の夜、Mönchengladbahaメンヒェングラートバッハ(有名な1部リーグチームの本拠地) で代表チームの親善試合があったとのこと。私が昔その近くに住んでいたことや駐在員としてビジネスで欧州各国を回っていたことなどを話すと、すぐに打ち解けることができました。


Mr. Folettiは、自身が数年前までスイス代表チームの正ゴールキーパーだったのですが、 サッカー選手やコーチというよりは、知的なビジネスマンという雰囲気の人でした。 私にVisionupの効果的な使い方や他国での状況などについて矢継ぎ早に質問しながら、 ノートパソコンにどんどん入力して行きます。私が質問すると、PCの膨大なデータから探し出した非常に細かなデータを示しながら丁寧に説明してくれました。


Mr. Patric Foletti スイス代表GKヘッドコーチ

ただ、会話はしばしば中断せざると得ませんでした。 ホテルの受付近くだったこともあり、Mr. Folettiを見つけたセリアAの現役選手、ドイツサッカー連盟の委員、彼のGK学校で学んだ生徒などが彼を目ざとく見つけて挨拶に来るのです。それでも、短い時間ながら中身の濃い話が出来ました。


次に会ったのは2016年1月、スイスのLuzernでした。彼の超タイトなスケジュールにもかかわらず、午後から会議のあるLuzernで午前中に時間をつくってくれました。


スイスLuzernの風景

前回と同じく、まずは質問攻めで私から情報収集。
次にどうやってVisionupをもっと普及させるか?について。 使ってもらうと間違いなく効果が出るだけに、みんな“秘密兵器”扱いにして全く他に紹介してくれないとのこと。


スイスのブンデスリーガ10チーム、ドイツのブンデスリーガ18チーム、合計28チームの内、何と15チームがGKのトレーニングにVisionupを使ってくれていると聞いて驚きました。でもそんなニュースは全く表に出て来ないのです。(苦笑)
VisionupストーリーNo.1のチェコのクレー射撃選手、Mr. Kosteleckyの状況と同じことがスイス・ドイツでも起こっていました。


私は、その状況は日本をはじめ、他の国々でも同じであること、もう少し数が出ればメディアへの露出も期待できるので、お互い今暫く頑張ろうという話をしました。


地理的にヨーロッパの中心であり、サッカーの強豪国でもあるスイスで、Mr. Folettiのような実績と地位を持つ人物に知り合えたことは今後の大きな糧となりそうです。


サッカー、スイス代表チーム

ドイツブンデスリーガHoffenheim

Story No.2 プロテニス選手 西郷幸奈さん

2014年12月、野球、テニス、卓球、バレーボールの動画をつくることになった時、 テニス編に出演協力してくれたのが西郷姉妹でした。 以前からお世話になっている東京のトレーナー、武井敦彦さん(パッションスポーツトレーニング)と須貝アレックスさん(イノベーティブスポーツ)のお二人からの紹介でした。


当時、姉の幸奈さんは高校3年生で、妹の里奈さんは中学2年生。 Visionup(当時は旧商品Primary)を使うのは全くの初めてで、どんな感想が 聞けるのか?期待と心配が半分半分という心境で撮影が始まりました。


西郷幸奈選手のテスト風景

軽いアップの後、普段と同じ練習メニューをVisionupを装着してやってもらいます。 Visionupを付けている時の感想、そして外してからの感想を正直に口にしてもらいながら撮影を進めました。


Visionup装着時には、
「見難いです!」
「いつもよりボールをしっかり見ないと打てない。ボールをしっかり見るクセが付きそう。」 「準備を早くしないと間に合わない。」


Visionupをはずすと、
「ボールが遅く感じます!」
「今まで何となくボールを見てた気がする。見え方が全然違います!」 「ボールが良く見えるので判断が速くなる。その分、準備ができて楽に打てます!」


率直に感想を述べてくれて、良い動画が撮れました。

幸奈さんは、2015年4月、高校卒業と同時にプロに転向。 彼女の大きなチャレンジが始まりました。


西郷隆幸テニスコーチ

2015年8月、幸奈さんの父、西郷隆幸さんから1本の電話が入りました。隆幸さんは、テニスコーチ。撮影後もVisionupを使ってくれていた妹の里奈さんから「Visionup凄くいいよ。」と聞いた隆幸さんが半信半疑で自分でも使ってみると...

「エー、これ凄いじゃないか!?」となり、詳しい話を聞きたいとのことでした。


2015年9月、孝幸さんの勤務地、千葉県佐倉市にある志津テニスクラブを訪問。 ちょうど連戦の合間で実家に帰っていた幸奈さんも里奈さんと練習に来ていました。 幸奈さんに話を聞くと、撮影の後、Visionupは使っていなかったことが判明。 高校卒業、プロへ転向の準備、そして大会続きの生活でなかなか使えなかったようです。


そこで、フィジカル、スキル、メンタルのトレーニングはもちろん大事だが、 ビジョントレーニングが他のトレーニングの効果を高めることにもなること、 Visionupを使えば、短時間かつ、いつもの練習メニューの中でビジョントレーニングが 可能なことなどを説明し、3ヶ月間頑張ってVisionupを使うことをすすめてみました。


西郷幸奈選手in 香港

「ダブルスだけど娘が香港の大会で優勝しました!」父の隆幸さんから電話を もらったのは2015年12月。 何と香港で開催されたHong Kong ITF Women's Circuitの2戦めでダブルス準優勝、 3戦め、4戦めと連続優勝したとのこと。 「目のトレーニングの効果が出てきたと聞いていたのですが、こんなに早く結果につながるとは驚きです。」と喜んでいただきました。


一番の勝因は、何と言っても本人の頑張りで、Visionupの効果はほんの一部分だと思いますが、少しでもお役に立てたようで嬉しかったです。 実は、西郷一家は、かの西郷隆盛の子孫!とても朗らかで人当たりの良い皆さんですが、 チャレンジ精神が旺盛なのはその流れなのかもしれません。


お父さんの隆幸さんは、その後、Visionupの販売店になっていただき、テニスでの Visionup普及に協力いただいています。妹の里奈さんもメキメキと頭角を現してきていて、将来が楽しみな選手です。幸奈さんは、国内・海外の大会に積極的に出場し、腕を磨いています。今では、遠征先にも必ずVisionupを携行し、目のトレーニングを継続しているとのこと。


2016年2月、「第52回 島津全日本室内テニス選手権大会」に出場している西郷幸奈選手の応援に行きました。残念ながらダブルの準決勝で敗退しましたが、プロ選手として確実に力を付けていて頼もしく感じました。


がんばれ、西郷幸奈選手!


女子プロテニス、西郷幸奈選

Story No.1 クレー射撃で史上初のワールドカップ2連勝を達成した Mr. Kostelecky(チェコ)40歳

Mr. David Kostelecky(39歳)クレー射撃トラップ競技チェコ共和国代表選手 2008年北京オリンピック金メダリスト、2015年ワールドカップ優勝(史上初の連勝達成) 視覚の衰えを理由に一度は引退を覚悟したがプライマリーを使ったトレーニングで見事に回復。その後、素晴らし成績を上げると共に、プライマリーの販売店としても活動中です。


クレー射撃金メダリスト、Mr. Kostelecky 2008北京オリンピック

2014年1月、チェコ共和国から初めのて注文が入りました。 ちゃんと届くだろうかと心配で、確認を入れると、すぐに 次のようなメールが届きました。


Date: February 2, 2014
Dear Mr. Tamura,
I got already your glasses. I got it yesterday. Please give me some advice what and how I should practice? What kind of exercise would be good for clay shooting, Trap? I am Olympic gold medalist in 2008. Thanks a lot and I keep in touch. David


田村さん、
既にメガネは受け取りました。昨日届いたんですよ。 何をどのように練習すればよいかアドバイスを下さい。 クレー射撃のトラップ競技には、どんな練習がイイですか? 僕は、2008年オリンピックの金メダリストです。 ありがとう、また連絡します。


オリンピック金メダリストとは思ってもいませんでしたが、 名前で検索すると確かに記事や写真が山ほど出てきました。

基本的な使い方とクレー射撃に効果的だと思われるトレーニング 方法をメールでアドバイスするとともに、正直にクレー射撃での 経験は限られており、トップ選手の意見を聞きたいとメールしました。


それから3ヶ月、次のような嬉しい知らせが届いたのです。

      Date: May 7, 2014
Dear Mr. Tamura
How are you? I hope all is ok. It is long time I wrote you. I started to use your glasses for training and I have to say I feel improvement. Three months ago, I was almost to finish my carrier. I have been using Visionup and it helped my shooting. I shot very good results at world cups this year and got bronze medal last week at European championship.
My visual ability seems to be recovered thanks to Visionup. I feel very confident to make much better results than before. I would like to know more about your glasses and would like to make some order, I started to work on selling it here. Thanks and best regards  David


2014年5月7日
田村さん、
お元気ですか? 久しぶりにメールします。 メガネを使ったトレーニングを開始し、効果を感じています。 3か月前、現役引退をほぼ決めていました。ところが、ビジョナップが 私の射撃を救ってくれたんです。今年のワールドカップでは良い成績を残せましたし、先週のヨーロッパ選手権では銅メダルを獲得できました!
ビジョナップのお蔭で見るチカラが回復したようです。これまで以上に良い成績を出せる自信が湧いてきました。このメガネのことをもっと知りたいですし、当地での販売を始めたいので、メガネを注文したいと思います。 よろしくお願いします。David


その後、短期間で35セットの注文をくれました。しかし、秋以降は 注文は途絶え、年が明けてからはメールも届かなくなりました。


それでも新モデルの情報を流すと興味を示してくれ、私の4月の ヨーロッパ出張時にどこかで会おうということになり、楽しみにして いると...


Mr. Kostelecky 射撃WC優勝

Date: March 26, 2015
Hello Mr. Tamura,
I have a good news, I won a World cup two days ago in UAE and won also the place for Rio Olympic Games in 2016! Hope to meet you soon! Best regards David 


2015年3月26日
こんにちは、田村さん、
良い知らせがあります。2日前のUAE(アラブ所長国連邦)での ワールドカップで優勝し、2016年リオでのオリンピックへの出場権を 獲得したよ! では、近い内に(ヨーロッパで)! David


2015年4月、オーストリアのウィーンにてチェコから車で来てくれたMr. Kosteleckyに合うことが出来ました。写真のとおりのナイスガイでした。WCで優勝できたことが本当に嬉しかったようで、「ビジョナップのお蔭だよ。」と何度も言ってくれました。
ただ、販売に関しては、大きな壁にぶち当たっていました。オリンピックなどを通じて知り合った欧州の様々な種目のアスリートに紹介販売することで、最初は順調に売れたのですが、そこから口コミで自然と広がることを期待していたのに全く広がりが生まれないと言うのです。逆にチェコを代表する男女のプロテニス選手からは、「使っていることを絶対に誰にも言わないで欲しい。」と言われる始末。日本のスポーツ界と全く同じことが起こっていました。
(そこで、彼が考えてくれた提案が「射撃用品の大手、イタリアCastellani社との提携」。後日、商談を進め、実際に訪問もして、サンプル用50セットを出荷。射撃用に欧州だけでなく、北米でも販売をしてくれています。)


Mr. Kostelecky 射撃WC優勝		in Cyprus

ヨーロッパから帰国して間もない5月上旬、Mr. Kosteleckyからまたまた嬉しいニュースが届きました!

Date: May 5, 2015
Dear Mr. Tamura,
I have a great news, I won again other World Cup, this time in Cyprus! I will contact you when I get home! Best regards


田村さん、
凄いニュースだよ! WC次戦でまた優勝した! 今度はキプロス。 帰国したら、また連絡するね。

優勝したこと自体、凄いニュースですが、ネットで調べていてその凄さが分かりました。まず、射撃のWCで2戦連勝は史上初の快挙だったこと。そして、射撃選手のピークが30歳前後と言われる中、40歳の選手が成し遂げたこと。

日本でも、打撃で活躍した多くのプロ野球選手が30代で引退するのは目の見るチカラの衰えだと言われています。40歳にもなるとかなり衰えが進み、トップアスリートとしてのパフォーマンスを発揮できなくなるのです。実際、そのことでMr. Kosteleckyも引退をほぼ決意していました。ビジョナップは、目の見るチカラを向上させるだけでなく、その衰えの回復にも効果があることをMr. Kosteleckyが証明してみせてくれました。

  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram