世界初、“見るチカラ”のトレーニングメガネ
『Visionup®ビジョナップ®』の紹介と販売のサイト

カート内の商品数:
0

オランダ フィールドホッケー Mr. Segers(73歳) スポーツビジョン・トレーナー

Visionup Story No.4


オランダ フィールドホッケー Mr. Segers(73歳) スポーツビジョン・トレーナー


スポーツ選手のトレーニングと言えば、体を鍛えるフィジカルトレーニングと技術を磨く
スキルトレーニングの
2本立てが一般的です。
そこに初めて「見るチカラ」、目のトレーニングが提唱されたのが
1980年代のアメリカでの
ことだと言われています。


その後、学術的にもスポーツビジョン・トレーニングとして確立され、眼科医とは別の領域
である検眼や見るチカラを改善する指導をなどを担当するオプトメトリストという
資格制度が
制定とされ、その後ヨーロッパへ広がり、他の地域へも広がりました。
(非常に残念ながら、日本では主要国の中で唯一、国家資格としてオプトメトリスト制度は
導入されず、スポーツビジョン・トレーニングの広がりが少ない大きな要因となっています。)

おそらくヨーロッパに伝わった直後から、スポーツビジョン・トレーニングをライフワーク
として
取り組んで来たのが、今回ご紹介するオランダのMr. Gijs Segers、現在73
20163月現在)です。

フィールドホッケーの世界で普通のスポーツトレーナーをしていた彼が、目のトレーニング
に特化した指導を始めて今年で
24年め!
今もバリバリの現役で、オランダ1部リーグの3チームなどを指導しています。

Mr. Segers

2013年に、Visionup 1セットを試しに購入。
使うとすぐに彼のトレーニング方法に比べ、即効性があり、明らかに効果が高いことが
分かり、すぐに
4セットを追加注文し、販売店になってくれました。

2013/2014年のオフシーズンに3ヶ月のテストを実施。
あるフィールドホッケーのチームの選手10名に対しVisionupを使ったトレーニング
前と後の
パフォーマンステストの結果を比較したところ、平均10%、中には15%アップ
した選手が
出てかなり驚いたようです。
と言うのも、彼の独自のトレーニング方法では、これまで同じく3ヶ月のトレーニングで
パフォーマンスの向上率は23%だったのです。

あまりの高い効果に、テストそのもの、または計算方法などで何かミスを犯したと考え、
再度テストをすることにしたのですが、不幸なことに直後に最愛の妻を亡くし、半年ほど
仕事から離れました。

再起して翌2014/2015年のオフシーズンに今度は6ヶ月のテストを実施してくれました。


彼が指導する
1部リーグの3つのチームで、まずトレーニング前に、

1.専属のオプトメトリストが、選手の視覚能力を測定

2.
Mr. Segersが、選手のパフォーマンスを測定

ベースとなる各選手の能力を確認し、半年間のトレーニング後に再度1)と2)の測定を

行なってBefore/Afterで比較するというものです。

オランダMr. Segersテストレポート

その結果、前回の3ヶ月のテスト結果と同じく平均10%の向上が認められました。

上の例のようなテスト結果のレポートは50ページに及び、スポーツビジョン研究の貴重な
資料と
なりました。

20154月、ドイツKölnで開催された展示会FIBOの会場でMr. Segersに初めて会うことが

できました。ちょうど2回目のテストが終了したばかりの時で、「凄いテスト結果が出たよ。

夏の学会での発表を予定しているので楽しみにしていて欲しい。」

オランダ雑誌Volksklant記事

その年の夏、
オランダの学会で発表すると、新聞社、テレビ局から取材が入り、報道を
知った雑誌社が
取り上げて話題となり、国内の他のスポーツ種目のチーム、そして
ヨーロッパの他国、ベルギー、ドイツ、スペイン、イタリアなどからもお呼びがかかる
ようになって忙しい日々を送っています。

実際の年齢よりも10歳は若く見える彼は、まだまだ現役で仕事を続けるつもりですが、
Visionup 登場でますますやる気が出てきたようです。(笑)

今年の1月に訪問した際には、本当に忙しいようで、あまり時間を取ってもらえませんでした。

今度来た時は、オレの家に2泊はしていけと誘ってくれていて、次回の訪問が楽しみです。



オランダホッケーチーム


オランダホッケーGK

スイス代表チームGKヘッドコーチ スイスサッカー連盟委員 Mr. Patric Foletti

Visionupストーリー No.3

スイス代表チームGKヘッドコーチ スイスサッカー連盟委員 Mr. Patric Foletti

20144月末、珍しくスイスからメガネ3台の注文が入りました。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどからはポツポツ注文が入っていましたが、
スイスからの注文は2回めでした。それも最初から3台も!

発送の連絡メールに「よかったらどんなスポーツや目的に使うのか教えてください。
できるだけアドバイスしますから。」と入れてみましたが、回答は無し。


1ヶ月後、注文をくれた同じ人からメールが届きました。
前回とは違うメールアドレスを見ると「〇〇〇@football.ch」???
署名欄を見ると...

Patrick Foletti

Chef Torhütertrainer

Schweizerischer Fussball Verband

ドイツ語の署名でしたが、20数年前、ドイツに6年住んだことがあり理解できました。

パトリック・フォレッティ

ゴールキーパーヘッドコーチ

スイスサッカー連盟

私にすれば、凄い人からのメールでした。

そして、その文面には、

「私は、スイス代表チームの仕事をしながら、自分でGoalie SchuleGKの学校)を

運営していて、その学校でVisionupを使ってみた。まだ3週間だが、その効果に驚いている。
ぜひスイス代表チームの
GKにも使わせたいので、大至急、追加で10台購入したい。
販売もしたいのだが、販売店になることは出来るか?」とありました。

それから
しばらくして送られてきたのが、下の画像です。

20146月に開催されたFIFAワールドカップ ブラジル大会の直前合宿でスイス代表
チームの正
GKVisionupをかけて練習する写真を添えた地元新聞社の記事です。
(この記事は翻訳され欧州や南米各国に配信されました。)


スイス新聞記事


2015
4月、ドイツKölnケルンでの展示会の視察でヨーロッパに出張する機会ができました。
GKの学校を訪問してみたいとメールを入れたところ、ちょうどドイツで代表チームの
練習試合があるので、ドイツでなら会えるとの返信をもらいました。

Mr. Patric Foletti スイス代表GKヘッドコーチ


Köln
ケルンから電車でDüsseldorfへ移動し、ライン川畔にあるシェラトンホテルへ。

ホテルのラウンジで3時間ほど時間をもらえることに。

前の夜、Mönchengladbahaメンヒェングラートバッハ(有名な1部リーグチームの本拠地)

で代表チームの親善試合があったとのことで、私が昔、その近くで住んでいたことや
駐在員としてビジネスで欧州各国を回っていたことなどを話すと、すぐに打ち解ける
ことができました。

Mr. Folettiは、自身が数年前までスイス代表チームの正ゴールキーパーだったのですが、

アスリートやトレーナーというよりは知的なビジネスマンという雰囲気の人でした。

私にVisionupの効果的な使い方や他国での状況などについて矢継ぎ早に質問しながら、

ノートパソコンにどんどん入力して行きます。私が質問すると、

  • アスリート向け
  • 小中高生向け
  • 中高齢者向け
  • twitter
  • facebook
  • ameba
  • instagram